オリジナルデザインのTシャツを作成する方法をご紹介

衣類

オリジナルプリント衣料

ウーマン

特別感のあるプリント衣料

会社のスタッフが着用するユニフォームであったり、イベントスタッフが着用するものとして欠かせないのがTシャツです。同じ色で揃えて着てユニフォーム感を出す事も出来ますが、会社名やイベント名などをプリントしたTシャツの方がお客様に分かりやすいです。なのでオリジナル衣料を作る際には会社のロゴやイベントのロゴのデザインが入ったものを、作成してくれる会社に依頼を出すと良いでしょう。Tシャツと一言で言っても種類は沢山あるので、作成してくれる会社に打ち合わせに行き、生地の見本を見てみましょう。作成してくれる会社が遠い場合には電話で問い合わせたり、ホームページでサンプルの写真を参考にすると良いでしょう。生地や襟周りなどの細かい分部の違いや、国産かそうでないかなど、種類が色々あります。

オリジナルを作る目的

Tシャツの作成を利用する目的は、その作成する人によって様々ですが、一目でその会社やイベントのスタッフだと分かるようにするために作っている場合が多いです。他にもデザイナーとして自分でロゴをデザインして作成し、インターネット販売やフリーマーケット販売をしている方もいます。前者はお客様にスタッフだと判別してもらう為に、後者は自分のデザインしたものを売るために作っています。また、そのほかにもタレントやバンドなどのオリジナルグッズとして作成する事もあります。タレントやバンドのファンがコンサートの時にお揃いでTシャツを着て気分を盛り上げるという効果もあります。目的は作る側の人でそれぞれありますが、オリジナルのプリントが施されたものは特別感があるのでおすすめです。

ポロシャツ

オリジナルをつくろう

お店にも数多く販売されているポロシャツですが、人と被ってしまうという理由から、自分でデザインを考えてオリジナルポロシャツを作成する人が増えています。ポロシャツの作成を会社へ依頼する時には、前もって、会社について調べてから選ぶことが大切です。

男女

ポロ作成業者を使おう

オリジナルポロシャツを作ってくれる業者は大口割引を採用しています。たくさん注文すればどんどん単価が安くなっていくので人気です。自分でデータ入稿するときはカラーモードに注意が必要になります。CMYKに設定して入稿しましょう。

女性

良い業者とは

仲間同士でチームtシャツを作ることは、より団結力を高めたり思い出としてかたちに残ってくれます。そこでtシャツを作成する際に業者を選ぶポイントとして自社工場を持っているかを確認しましょう。